調理師の資格と就業先

調理師の資格を持っていたら、和食はもちろん、ファミリーレストランから世界中の専門料理店まで、様々な就業先があります。料理も和食、中華、イタリアン、エスニック、お店も小料理屋や居酒屋からホテルや高級レストランまでいろいろあります。病院や介護施設、企業や会社の寮など必要とされているところは沢山あります。働く場によって、勤務形態も異なれば、求められるスキルも大きく違ってきます。病院や学校、施設などでは、決められたメニューに沿って大量に作ります。飲食店やレストランでは、材料の仕込みからレジ、接客、売上計算からスタッフの教育まで任されることもあります。就業先は沢山ありますが、同じ資格を持っていても、期待される役割は大きく異なります。十分把握したうえで、進むべき道を選択する必要があります。

調理師免許を取得する方法

調理師免許は、「調理技術及び知識が一定の水準に達している」ということを証明する資格です。飲食店を始めとした調理施設では、衛生を管理するものを配置しなけばいけないという法律があります。現状は、講習のみで取得できる「衛生責任者」という資格を持ってさえいれば問題はありませんが、今後は調理師の配置が義務付けられる可能性もあります。取得方法は主に「専門学校(認可を受けた養成施設)を卒業する」というものですが、実務経験を経て独自に受験することも出来ます。いずれの方法でも取得した後に大きな違いはないので、自身の状況に合わせて方法を選択しすることが出来ます。

↑PAGE TOP