調理師資格を取るための実務経験

調理師の資格を取るためには、2つのとり方があります。1つ目は、養成施設に入学して1年以上勉強したのちに、施設を卒業することです。この場合は、施設を卒業さえすれば実務経験がなくても、試験を受けることなく資格をとることができます。より広い知識や、しっかりとした技術を学びたい方はこちらの方が向いています。2つ目は、飲食店で2年以上の実務経験を得て、その上で調理師の試験を合格することです。すぐ実技を身に付けたい方や、初めから入りたいお店がある方はこちらの方が向いています。どちらも、違ったメリットがありますが、自分にあった取り方を考えることが重要です。

調理師になるために必要なこと

調理師になるためには国家資格が必要となります。免許を取得するためには主に二つの方法があります。養成施設や専門学校などに一年以上通い免許をとる方法と、飲食店などの施設で2年以上働き、試験をうけて取得する方法です。飲食関係は全員が免許を取得しているわけではなく、数年仕事をしてから免許を取得する人もたくさんいることが特徴でもあります。調理師は食に対するニーズが変わらない現状において、有利な資格であるといえます。最近では、海外でも和食ブームが広がっており、国内だけでなく海外でも活躍の場は広がっています。

↑PAGE TOP