調理師免許資格について

調理師は、調理の経験と知識の証明になり、有資格者は就職、転職やキャリアップに活かせたり、独立・開店がスムーズに出来たりと様々なメリットがあります。活躍できる職場は、飲食店や福祉の現場や病院、学校や会社の食堂などで活躍できます。飲食店を開きたい場合は、保健所の承認と食品衛生責任者の資格を持っていることが必要ですが、調理師免許持っていれば食品衛生責任者を申請するだけで取得することができます。試験を受験するには2年以上実務経験が必要となっています。パートやアルバイトで週4日または1日6時間以上働いていれば受験出来ます。学んだ内容は仕事だけでなく実生活でも活かせます。

調理師免許のメリット

調理師の資格を取得していると調理についての確かな技術と実務経験を積んでいることの証明になりますので就職や転職に有利となります。またお店側も即戦力として採用することができるため特別手当を支給しているところも多くあります。就職先も飲食店だけでなくホテルや病院の食堂など様々なところにあるため、就職先には困らないことが多いです。また自分で開業する場合にも調理師免許を持っていると非常に有利に働きます。資格を持っているだけで働き方もフルタイムだけでなくアルバイトやパート勤務などライフスタイルに合った働き方ができるのも魅力の一つです。

新着情報

↑PAGE TOP